Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 

謎の講師の日常 - 最新エントリー

 授業を始める前には、出席を取る。 いろいろな学生がいるもので、私語に熱中するあまり(!)自分の名前が呼ばれたのに気付かない学生もいたりする。

あるとき、出席を取り終え、私が黒板の方を向いたその瞬間、集団で脱走されたこともあった(爆)もちろん授業が終わるときに、もう一度点呼をとったのであるが・・・。(そのクラスは再履修組であったため、外せない実習かなんかと、かち合ったようである)

 たまに、「代返」に気付くことがある。つまり、とある学生の声が、さっき返事をした学生の声と、同じに聞こえるときがあるわけだ。同じ方角から同じ声が聞こえると、いくらなんでもこれは代返かな、と気が付き、

「○○くん?ちょっと手を挙げて?」と言ってみると、

「はいっ」

と、机に突っ伏したまま返事をしている学生がいた。なるほど、こっちが友達の分か、と理解した。

 翌週は、その友達は、代返を頼まなかったようであるが、その次の週、やはり同じ方角から同じ声が聞こえてきた。しかし、懸命に、声色を変えているふうであった(笑)ここまで来ると、ほとんどゲーム感覚である。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1898)
 地価の高騰のせいなのか、大学がどんどん郊外の方へ移転するようになった。新設校はもちろん、繁華街などから離れた郊外の、学生は勉強するより他にやることはない、といった絶好の場所に建てられている。 従って、通勤・通学には、結構な移動距離を強いられることになる。現に筆者も、都市間高速バスで、非常勤生活・・(^^;)

 ある日、隣町までのバスの中に、見知った顔を発見した。私が授業を担当しているクラスの学生である。 ああ、やっぱりこの時間帯のバスに乗ってくるんだなあ、と私は納得していた。その学生が、私に気付いたかどうかは、わからなかった。

 ところが、いざ授業が始まってみると、その学生は出席していなかった(爆)あれえ、どうなっているのだ、と一瞬思ったが、答えは明白である。 要するに、学校までは来たものの、ドイツ語のクラスには出なかった、単にそれだけである(笑)

 翌週は教室の中にその学生の顔を発見した私は、出席を取るとき、めげずに尋ねて見た。

「ねえ、先週、私と同じバスに乗っていなかった?」

 何と答えるか。

「・・今日も」

 予想をはずした答えに、私は内心で苦笑した。あれ、そうだっけ、と言って、点呼を継続したのである(笑)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1318)
Web German Class Copyright © 2005-2008