Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 

謎の講師の日常 - 最新エントリー

語学の授業の価値

カテゴリ : 
日々の雑感
執筆 : 
salz 2009-12-22 22:47
あくまでも聞いた話、伝聞形なのだが、


「外国語の授業は、統一教科書を作れば、TAが教えられる(だから語学専門の教師は不要である)」


と、仮にも旧帝大の某大学の総長が言ったらしい

何かの間違いであって欲しいとは思うが。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1281)
 教室の片隅で、楽しそうにおしゃべりしている人たちがいる。

「だから、ガラナってのは、北海道人だけがおいしいって思うんだって」
「え、なにそれ~!?」

 ガラナというのは、簡単に言うとコーラのような飲み物である。北海道でしか見ない物、ということになっているらしい

 話がドイツ語とは関係がないため、何とかこちらに話の主導権を持って来ようと試みる。

「何、ガラナ?知人のお子さんがね、あれにラムネを入れたらどうなるんだろうと思ったんだって。それで…」

 にやにやする学生も何人か。同様の体験をした話は割りに聞く

「じゅばーっっとあふれたんだって。お母さんは、ホントバカでしょ、って言ってたけど…」

 蛇足ながら、ラムネ等でも同様の結果が得られるらしい。

「炭酸系飲み物と言えば、ドイツにいたとき私は実は『Spezi』というのが好きだったんだよね。Speziって、いわばコーラのファンタ割り…」

(えっ~~っ

「レモネード割りっていうか、うん、ドイツ人の先生も、この話をすると学生が引いちゃうってどこかで言ってたよ」

 と、なんとか話を強引にドイツ語に戻す。ドイツ語ではないような気もするが、そこはドイツ文化の話ということで

 そんなある日、テキストに出てきた単語、Zug が話題となった。

「Zug、まあ汽車というか電車というか…こちらでは、私鉄もないし、『汽車』って言ったりするけど…」

 (汽車か電車かについては、昔、このサイトでも話題になったことがありましたね)

 すると突然、学生が手を挙げた。

「先生!手袋は、『はく』ものですよね?ね?」
「え~~~っ!?それじゃ、靴下みたいじゃない?手袋は『つける』よねえ?」
「北海道では、『はく』っていうんだよ」

 話の主導権は、学生のものとなり、しばらく戻ってこなかった
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1518)

音楽と言えば

カテゴリ : 
日々の雑感
執筆 : 
salz 2009-9-13 23:58
「ブルクミュラー」の件で思い出した。

日本では知られた言葉だけど、ドイツ人に言ってもまず通じないドイツ語の筆頭に挙げられる(かも知れない)ものに、

コールユーブンゲン

があると思う。

Chorübungen だけど、コールユー、ブンゲン、のように発音するのが通例だったかと。

私もドイツ人の前で、懸命にうまく発音しようとあがいたが、通じなかった覚えがある

ブルクミュラー

カテゴリ : 
日々の雑感
執筆 : 
salz 2009-9-12 22:42
ピアノに関心のある人、特に習ったことのある人だったら必ず耳にしたことのある「ブルクミュラー練習曲」Burgmüller 。
実はEtüde だったことを最近知った。

コドモがピアノを習っていて、ようやくこの「ブルクミュラー」に到達。私も経験があるが、私の習った先生は「ブルグミューラー」と呼んでいて、身内のドイツ語教師が「本当は『ブルクミュラー』である」とこっそり突っ込んでいたものであった

コドモの楽譜を見ると、昔とはタイトルが違っていて 例「貴婦人の乗馬」→「乗馬」とか 原語に忠実になっているのであろう。

そしてなにより、邦題が「ブルミュラー」となっていた
語末音硬化である
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1233)
前回の投稿から大分間が空いてしまった。
そうそう、前回の 「ツーシュペート」 の話はドイツ人の先生(多少日本語を理解)に話すと、喜ばれた。

その間が空いてしまった期間の出来事であるが、実はWBCの真っ最中で、決勝戦などはドイツ語そっちのけでテレビ観戦してしまったのであった。
デジタルの大画面である(関係ない)

9回裏に日本が追いつかれたときは、「いや~、痛ましいねえ」と、おそらくこれはこちらの特有の言い方で嘆く。あとで何人かの人に聞いてみたら、(かなり)年配の人でないと言わないのではないか、という言い回し。
つまり、もうちょっとで勝ちそうだったところを追いつかれたとか、60点合格のところ59点だったとか、そんな時に「痛ましい」と言ったりしたのだった。

ドイツ語の話というより、北海道方言の話となってしまった

なお、「ツーシュペート」の話をしたドイツ人の先生、直後に急に入院してしまい、何かツーシュペートなことがあったのだったらどうしよう、と勝手にひやひやした。
(ありがちだが、周囲の無責任な連中は、勝手に重篤にしていたのである)

よく話を聞くと、アキレス腱断裂だったそうであるが、その時に日本の病院でしばしば「シーネ」という語を聞いたそうである。Schiene 添え木 であろう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1189)
授業をするために教室に入って、さて、と視聴覚機器のセットを始めたら、MDが置いてあるのに気がついた。
何だこれは?とよく見ると、「美しき青きドナウ」「ローレライ」「もみの木」…あれ

まるでドイツ語の授業で聞かせるようなラインナップである。

「これ、もう一人の先生が使ったものかな?(違うような気がする…)」
「いいえ、A先生は、CDしか使いません」

そういう問題では…

ま、ともかく。

「あ、それ、ヨーロッパ事情のT先生のだと思いまーす。ドイツの歌を聞こう、っていう授業がありました」
「で、それ、聞いたの?」
「いいえ、出ませんでした」



「せんせー!、それ、聞きたいです~」
「あ、俺も~」



古典的授業を潰すパターンである。
しかし、イマドキ珍しかったので、乗ることにした。
(すべての時間を使ったわけではないですよ、念のため)

ここのクラスでは、音楽・楽器に興味のある学生の割合が高く、ドイツ語のアルファベットの読み方の時間に「えっ?えっ!もしかして、それ知ってる~」(CDEFGAH)と、盛り上がったこともあったのだ。

「また今度、音楽聞きたーい


あとで聞いた話では、授業でMDを聞いたことを、T先生も喜んでくださったとか。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1601)
お医者さん、それも年配の方ともなれば、ドイツ語の語彙は豊富だったりするのである。使い方は分野限定的であったとはいえ、日常用語にも共通の言葉がしばしば現われる。

不規則動詞の現在人称変化、というわけで、verwachsen という動詞が。

「ああこれね、私たちは『癒着する』という意味で使ったものでしたねえ」

verwachsen の 辞書の一番目の用例:(傷が)ふさがる、治る

「傷が治るとか、そういう意味では使いませんでしたか?」

「それは、ハイレン(heilen)ですねえ」

「あそっか、そうですね(^^ゞ」

人称変化のところだったか、例文の中に Er kommt zu spät. とかそんなものが。

「ああ、zu spät てのはね、よく使ったものでした。写真を見ながら、『これは ツーシュペートだな』とか言ったり」

「…(汗)」

ちなみに、Diagnose という単語については、(あと)三ヶ月だな、とかその手の言葉と一緒に使ったらしい。
元女医の方にプライベートでドイツ語を教えることになった。
世代的にはドイツ語でカルテを書き、教授たちはドイツ留学経験があり、ドイツから講師を招いたり、という頃だろうか。当然、大昔とはいえ、ドイツ語の履修経験あり。

今度ベルリンの学会に行くので、ドイツ語を学びたいとのことだが、趣味はオペラ鑑賞、何度も旅行した経験あり…なので、いまさら何を教えるのだ!?てなものだが、そこはまあ、お話し相手がてらということで。

CD付教材をお持ちだったので、せっかくだからそれをやっていこうか、ということになり、テキストをぱらぱら。

テキストの最初のほうにあるのは、動詞の現在人称変化。規則動詞とかseinとかhabenとか。

Ich bin müde.

なんて例文があったりしますね。

müde、という単語を見て。

「ああ、あの、『エルミュードバールカイト』なんて言ったりしますが、それなんでしょうか」

ずるっ!(椅子から落ちそうに…)
エルミュードバールカイト!?Ermüdbarkeit!?
いや、そういう単語はあるのでしょうけど、まあとっさに意味もわからないではないですが、いきなりそれですか

「machen、作るってことですね。私ら昔、都合のいいデータを『マッヘンする』なんて言ったものですから、あんまりいいイメージがないんですよ、ほほほ」
「…(汗)」

そんな調子でレッスンタイムは進むのであった。

大倉山の顔

カテゴリ : 
日々の雑感
執筆 : 
salz 2009-1-17 23:23
札幌五輪の日の丸飛行隊のときもそうだったのだが、ジャンプ競技を行うとき、旗を振って合図している、スターターのおじさんが気になるという方も多いのではないだろうか。

彼は、田口信夫さん(81歳)、選手たちからは「お父さん」と慕われているらしい。

と、今朝のローカルニュースでやっていた。

私、宮の森シャンツェを見学に行ったとき、この方をお見かけした。
宮の森のジャンプ台は、観光名所である大倉山とは違って、いたのは練習している選手と、そのスターターの方という、ああ、ここは遊びに行くようなところではないのだなあ、と早々に退散したのであったが。

今日は大倉山でNHK杯が開催され(その関連で田口さんの話題が取り上げられたのであろう)、岡部孝信選手が優勝した。
ついこないだ、出勤途中、ジョギングしている岡部選手とすれ違い、ナマ金メダリストに遭遇してしまった、とわくわくしたのであった
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2787)

クリスマスのマッチ箱

カテゴリ : 
日々の雑感
執筆 : 
salz 2008-12-12 0:05
ドイツ人からクリスマスの飾りを見せてもらった。「マッチ棒」というのは死語ではなかったのか。













写真を撮ることを提案した人(日本人)は、大きさ比較のために硬貨や時計を置いてみたり、工夫していた。私はそのまま携帯でかしゃり。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (2766)
Web German Class Copyright © 2005-2008