Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 

Re: 顔の見えない相手とのやり取りということ  【授業でインターネットを使う前に 4】

コメント元

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 顔の見えない相手とのやり取りということ  【授業でインターネットを使う前に 4】

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 | 投稿日時 2004-11-28 21:40
ザーゲ 
謎の講師さま
お邪魔します。「インターネットを使う前に」1-4まで、共感を持って読ませていただきました。
私はまだそういう指示の載っている教授用資料をみたことがないのですが、そういう風潮があるのであれば、「教えて君」ネット依存症を生み出す元凶ではないかと思います。

私の「教えて君」に対する怒りはかなりのものです。私のサイトにきてくれるのは嬉しいですが、「卒論で○○を書くのですが、なにかよい資料あったら教えてください」とか「○○をどう思うか教えてください」などと気軽に尋ねられると、うんざりします。
「あなた、○○駅はどこですかって、同じ感覚で聞いているの? それに私の答えを信頼するつもり?」って。

なにかについて調べるよう教科書で指示するなら、むしろ絶対にネットは利用するなという指示があってもいいくらいではないでしょうか。
「ネットで調べる」ということにたいして、もう一つ怒っていることがあります。これは授業時ではなく、ネット上、たとえば掲示板などでのことですが、たとえば、○○について書いている方の内容について、疑問に思ったときなど、私は□□だと思いますが、いかがでしょうかと問いかけると、その答えが「ここを見てください」とURLを書いてくるのですね。
どうして自分の言葉で答えないのでしょう。要約でもいいですよ。それが、URLのみです。がっかりします。講師さまも書いていらっしゃいますが、信用できない内容のサイトがいかに多いかということも考えたりしないのでしょうか。

答案用紙にいかに多くのURLを書いたかで成績を決めてほしいなんて学生がでてこないよう願いたいです。

長くなりましたが、もう一つ書かせてください。講師さまが読まれたいわゆる「教授用資料」のことなのです。その種の資料をつけた教科書を作っている身として、大きなことは言えないのですが、あれはどんなものなのでしょうか。私はだいぶ失礼なのではないかと思うのです。

ネットで調べよと丸投げするなら、教科書こそ丸投げして、使われる先生がご自分のやり方でお使いになればいいと思うし、そうできるような内容の教科書を作ることが本筋だと思うのです。
ところが、「ここはこう教えてください」とか、あるいは「ここの○○についてはまだ教えないで、あとでにしてくださいった」などと書いてある資料がありますが、そんなの余計なお世話だと思われませんか。

ところが、最近、この手の教授用資料が増えてきて、書かれている量も多く、私はとても嫌な気持ちがします。だいたい教授用なんて言葉が嫌ですね。でも、出版社の要請とか、慣例とかでしかたなくこういう言葉になってしまうようですが。

なんだか鬱憤をぶちまけたようで、すみません。それこそ管理者の迷惑を考えない不埒者になったようですが、講師さまのお話にいたく共鳴してしまったものですから、勘弁ください。
投票数:106 平均点:4.06
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

投稿ツリー

  条件検索へ


Web German Class Copyright © 2005-2008