Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
日本独文学会 日本独文学会への外部リンク

切り抜き詳細

発行日時
2018-7-13 6:40
見出し
<小澤昔ばなし研究所>ハンス=イェルク・ウター氏講演会のお知らせ
リンクURL
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=1897 <小澤昔ばなし研究所>ハンス=イェルク・ウター氏講演会のお知らせへの外部リンク
記事詳細
ハンス=イェルク・ウター氏講演会のお知らせ ドイツの著名な口承文芸研究者ハンス=イェルク・ウター氏〔『国際昔話話型カタログ』(ATU)の著者〕が小澤昔ばなし研究所の招きで今秋来日されます。この機会に、以下の各会場で講演会を開催いたします。(いずれも無料・会場により申し込み要) 記 白百合女子大学 (担当: 間宮史子) 日時: 2018年10月2日(火) 16:20~17:50 (15:50より受付開始) 会場: 白百合女子大学 1308教室 (1号館3階) 演題: ラプンツェルのすがた―「ラプンツェル」メルヒェンの解釈と意味― (ドイツ語講演、通訳あり) 主催: 白百合女子大学児童文化研究センター *席数に限りがあるため、参加希望者は事前にお申し込みください。7月初旬より申し込みの受付をいたします。詳細については、児童文化研究センターのホームページ(http://www.shirayuri.ac.jp/childctr/)をご覧ください。 京都府立大学 (担当: 横道誠) 日時: 2018年10月3日(水) 16:10~17:40 (15:40より受付開始) 会場: 京都府立大学 稲盛記念会館 (1階101教室) 演題: 霊薬、魔法、奇跡、精霊、護符―ヨーロッパの医療と口承文学― (ドイツ語講演、通訳あり) 主催: 科研費・若手研究(B)「グリム兄弟の学際的研究から『ボルテ/ポリーフカ』へ 改訂作業のテクスト分析」(研究課題番号17K18009、研究代表者:横道誠) *教室の規模の問題から、先着順とさせていただきます。8月1日から9月30日まで申し込みの受付をいたします。詳細は7月末に以下のウェブサイトで告知予定です。   「横道誠の研究室」(https://sites.google.com/site/mktyokomichi/) 東洋大学 (担当: 大野寿子) 日時: 2018年10月5日(金) 14:45~16:15 会場: 東洋大学白山キャンパス6号館 (教室未定) 演題: “The Fisherman and His Wife” (KHM 19, ATU 555). Illustrations (1809–2000) to a folktale of the Brothers Grimm. (英語講演、通訳なし) 主催: 東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科 ----------------------------------------------------------- 講演後、ATUに関するワークショップを開催 時間: 16:45~17:45 会場: 東洋大学白山キャンパス6号館 (第3会議室を予定) *内容および会場の詳細については、9月末ごろ東洋大学文学部のホームページ(http://www.toyo.ac.jp/site/lit/)に掲載します。参加希望者は9月25日から10月1日の期間に、大野(bruedergrimm1812[at-mark]gmail.com)宛にメールでお申し込みください。参加者多数の場合は、お断りすることもございます。 学習院大学 (担当: 加藤耕義) 日時: 2018年10月6日(土) 13:00~14:30 場所: 学習院大学西5号館B1教室 演題: 天国と地獄のメルヒェン―彼岸世界のイメージ― (ドイツ語講演、通訳あり) 共催: 学習院大学外国語教育研究センター、小澤昔ばなし研究所

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

Web German Class Copyright © 2005-2008