Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
日本独文学会 日本独文学会への外部リンク

切り抜き詳細

発行日時
2019-2-8 10:43
見出し
<トーマス・マン研究会>トーマス・マン研究会のご案内
リンクURL
http://www.jgg.jp/modules/neues/index.php?page=article&storyid=1968 <トーマス・マン研究会>トーマス・マン研究会のご案内への外部リンク
記事詳細
第118回トーマス・マン研究会のご案内 日 時: 2019年3月10日(日)14 時半から 場 所: 福岡大学文系センター棟 5F 共同研究室      Tel. 092-871-6631      アクセスマップ:      https://www.fukuoka-u.ac.jp/help/map/      https://www.fukuoka-u.ac.jp/aboutus/facilities/map.html 発表1: 別府陽子(大阪大谷大学非常勤講師)      共苦の人ゲルダ・ブッデンブローク 発表2: 坂本彩希絵氏(長崎外国語大学)      『欺かれた女』にみる「晩年性」 懇親会: 場所未定(当日、ご案内いたします) 出 欠: 参加希望者は3月3日までにご一報ください。  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~   お名前:   研究会  参加・不参加   懇親会  参加・不参加  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ その他: ① 本会について 本会は、平成元年に数名の若手マン研究者が、池田紘一氏(九州大学名誉教授)のもとに参集、その後、年に4回のペースで、マンを中心に近現代ドイツ文学に関する研究活動を行っています。 ② 発表募集 研究発表の募集は、会員以外の発表を含め、随時行っています。発表希望者は事務局まで早目にご相談ください。下記のとおり、すでに希望が入っています。 ③ 旅費補助 本会は、遠隔地から参加する常勤職のない若手研究者に対して、旅費補助を行っています。併せて事務局までご相談ください。 ④今後の開催予定 第119回研究会 2019年 6月 九州大学   (発表希望有)(発表者2) 第120回研究会 2019年 9月 西南学院大学 (発表者1) (発表者2) 第121回研究会 2019年12月 福岡大学    (発表希望有)(発表者2) 事務局:  〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学文学部独文学研究室 トーマス・マン研究会事務局 小黒康正(E-mail: oguro[at-mark]lit.kyushu-u.ac.jp) *********************************

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

Web German Class Copyright © 2005-2008