Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  前期の授業  >  第1週 ガイダンス
こんにちは。ここは、一年生の、ドイツ語のクラスですよね?はい。それでは、まず、出席を取ります。名前を読み間違ったりしたら、言って下さいね・・。

(まだ、履修者名簿が出来上がっていない場合がほとんど)

ええと、これから一年間、ドイツ語を勉強していくわけですけど、まず、教科書の紹介をしておきますね。教科書は、これですけど・・皆さん、もう買ってる?まだ、買ってない人?


(3分の1くらい、手が挙がる)



はい、わかりました。えーとタイトルは、"*******"(固有名詞につき、伏せ字)と読みます。いちおう、黒板に書いておきますね・・。

これで、"*******" と読みます。日本語のタイトルも書いてありますね。「××」となってます。

出版社はA社です。あの、昔、宮沢りえちゃんの写真集を出したとこ。うん、あのね、ドイツ語の教科書とかじゃ儲からないから、こういうことやるんですね。それで、傾きかけた会社を立て直したとか・・。


(注:真偽のほどは不明である念のため)



いいですね、教科書はこれを使いますけど、授業では教科書だけでなく、辞書も使います。辞書。みなさん、もう持ってる?


(1クラスに一人か二人は、持ってきている学生がいる)



持っている人は、それをそのまま使って下さい。でー、持っていない人は、これから買うなりなんなりしてもらうわけですが、いくつか紹介しておきますね。



『パスポート独和辞典』白水社
『キャンパス独和辞典』郁文堂
『アポロン独和辞典』同学社
『アルファ独和辞典』三修社
『マイスター独和辞典』大修館書店
『プログレッシブ独和辞典』小学館
『クラウン独和辞典』三省堂
『アクセス独和辞典』三修社
『エクセル独和辞典』郁文堂



などなどあります。ほら、ドイツのこと、「独」とか書いたりするでしょ?漢字で「独り」っていう・・。だから、「英和」っていう要領で、「独和」辞典といいます。逆は、日本語からドイツ語を探す方は、「和独」。

研究社、小学館なんかから、もっともっと詳しい辞書が出ています。

ただね、今紹介したような辞書は、初心者向きなんですね、入門者用。どういうことか、っていうと、単語のひとつひとつに、ふりがなが振ってあったりするんです。それから、単語の数が絞ってあるので、目的の言葉を見つけやすい、ってとこがあるんですね。

あ、そうそう、電子辞書だって、もちろんいいですよ。

そして、時々お父さん・お兄さんたちの辞書を持ってくる人がいますが、ドイツでは昔と正書法が変わっていますので、新正書法対応の辞書の方が良いですね。慣れたら使えなくもないんですが。
で、これらの辞書は、生協や購買部で買ってもいいし、また、市内の大きな本屋さんだったら、大体あります。4月で、何かと出費がかさむ時だけど、絶対買っておいて下さいね。



それから、参考書もありますし、雑誌で『基礎ドイツ語』(三修社)というのが出ていたんですが、ごにょごにょ・・・で、今ではネット上にあります。よろしかったらどうぞ。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:332 平均点:7.59
カテゴリートップ
前期の授業
次
第2週 アルファベット

Web German Class Copyright © 2005-2008