Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  後期の授業  >  第19週 分離動詞と非分離動詞
え~と今回は、まず、分離動詞についてやって行きたいと思います。

 分離動詞、ていうのは、分離する動詞なんですが・・。



(おい、説明になってないぞ(^^;))



ええと、例えばこのように、元になる動詞に、前綴りがついた動詞なんですね。




  kommen 来る 
 ankommen 到着する 



この前綴りは、アクセントがあります。

で、これらの前綴りは、動詞の部分から離れて、文末に置かれます。



kommen Er kommt heute nicht.
ankommen Er kommt heute nicht an.



動詞本体は、人称変化します。



ですから、文章を、最後まで見る、または聞く必要がありますよね。例えば、



  nehmen 取る 
 abnehmen 減る 
 zunehmen 増える 



のように、どんな前綴りが付くかによって、意味が全然、違ってくることもありますから、注意が必要ですよね。場合によっては、辞書を引き直さなければならなくなるときがあるかも(笑)



(例えば、Er steht immer um 7 Uhr auf. 「彼はいつも7時に起きる」なんていう文で、「steht」がわからないから辞書で調べて、そして最後まで来てやっと、「auf」の存在に気が付いた、なんてことは、よくあります(笑)「aufstehen」で調べなければ、ならないですよね?)



さて分離動詞を、話法の助動詞と一緒に使う場合は、不定形のまま文末に置かれます。



Er kann heute nicht ankommen.



では、従属節で使われる場合は、どうなるでしょう?



(・・・・・・)



従属節では、定形、すなわち人称変化している動詞が最後に来ます。だから、



...,weiler heute nicht ankommt.



このように、ankommt とくっつけて、文末に置かれることになります。



分離動詞のことは、これでよろしいでしょうか?では、今度は、分離しない前綴りを持つ動詞、すなわち、非分離動詞について、やって行きたいと思います。



非分離動詞は、分離動詞と違って、前綴りが分離しないのですが、



(やっぱ、わけわからん説明である・・(^^;))



例えば、次のような前綴りを持つ動詞です。



非分離前綴り
be-, emp-, ent-, er-, ge-, ver-, zer-



これらの前綴りは、アクセントがありません。



で、分離しないのですから、普通に使えばいいのです。




bekommen 手に入れる Er bekommt einen Brief.



「彼は手紙をもらった」なんてときは、このようになります。



前綴りによっては、同じ前綴りなのに、分離したり、分離しなかったりするものがあります。



über|setzen (向こう岸へ)渡すEr setzt sie aufs andere Ufer über.
 彼は彼女を向こう岸へ渡す。
übersetzen  翻訳する Er übersetzt den Text ins Deutsch.

 彼はその文章をドイツ語に翻訳する。



以上で大体、よろしいでしょうか・・。



(非分離動詞については、過去分詞を作るときにちょっと注意がいるので、ちょっと気を付けておいて下さいね・・)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:162 平均点:4.94
前
第18週 接続詞
カテゴリートップ
後期の授業
次
第20週 動詞の三基本形(1)

Web German Class Copyright © 2005-2008