Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  後期の授業  >  第20週 動詞の三基本形(1)
それでは今日は、動詞の三基本形についてやってみましょう。

要するに、過去形とか、過去分詞とかのことですが・・こういうものが出て来るようになると、いよいよドイツ語の授業も佳境に入って来ましたね!



(なんのこっちゃ・・?)



え~と、これまでは、出て来る文は、現在時称のものだけだと、暗黙のうちになっていたんですけど、これからは、過去の時称も出て来ます。



(もちろん、完了や未来も、出て来ます(^^))



で、ドイツ語でも、英語と同じように、過去形とか、過去分詞とかがあるんですけど、まずその作り方をやって行くことにしましょう。



ではまず、規則的な変化をする動詞から。弱変化動詞、という言い方もします。



規則変化動詞(弱変化動詞)
 不定形 過去基本形  過去分詞 
 -----(e)n   -----te   ge-----t 
 lernen  学ぶ lernte   gelernt 
 machen  する  machte  gemacht



え~と~、英語では、規則動詞は過去形も過去分詞も ed をつけたわけですが、ドイツ語では、過去基本形は、語幹に te をつけます。つまり、現在の人称変化するときに、形が変わらない部分ですね。




        ┌────┐
        │    │e
        │    │st
        │ lern- │t
        │    │en
        │    │t
        │    │en
        └────┘



過去分詞は、語幹を ge- と t で挟む格好になります。あ、ここでわざわざ過去「基本」形と言っているのは、ドイツ語では、過去形にも人称変化があるからです。



(・・・・・・(^^;))



規則変化は、どれか一つ覚えてしまって・・例えば、lernen - lernte - gelernt とか覚えてしまって、そうしたら、あとは machen になろうと、wohnen になろうと、応用が利きますよね?



それでは次に、不規則変化をする動詞を見ていきましょう。これは、大きく分けて2種類あります。



まずは、強変化動詞と呼ばれるものです。




不規則変化動詞(強変化動詞)
 不定形 過去基本形  過去分詞 
 -----en   *****   ge*****en 
 kommen  来る kam   gekommen 
 schreiben  書く  schrieb  geschrieben
 sprechen  話す  sprach  gesprochen
 gehen  行く  ging  gegangen



強変化動詞は、過去基本形に te はつきません。過去分詞は、en で終わってます。

そして、母音も不定形と変わっている場合もありますし、そうでない場合もあります。それは、いろんなパターンがあります。不定形と過去分詞が同じもの、過去基本形と過去分詞が同じもの、全部違っているものもあります。

なんて言うかですね、英語で不規則変化したものは、大体ドイツ語でも不規則変化になる、と考えていいですね。ドイツ語の kommen は、英語の come ですし、come は came - come となりましたよね?

この最後の、 gehen - ging - gegangen 「げーえん・ぎんぐ・げがんげん」なんて言うのは、ドイツ語以外ではお目にかかれないような音の並びですよね(笑)



(・・・・・



ところで、英語の go は、go - went - gone ですよね。went だけ、go とも gone とも似つかない形をしてますよね。これ・・英語の授業で習ったかな?英語では、go の過去形を無くしてしまった、ていう話?



(・・・・・??)



つまりですね、英語では、あるとき、go の過去形を失くしてしまったんですね。そんなもん、なくすなっ、て言いたいですけど(^^;)しかし、やはり、過去形がないと具合が悪いんで、今は古語になっている wend 「行く、転じる」という動詞、これはドイツ語の wenden 「向きを変える」に当たるんですか、その過去形から借りて来たんですね・・。



さて今度は、不規則動詞の混合変化と呼ばれるものを見てみましょう。



不規則変化動詞(混合変化動詞)
 不定形 過去基本形  過去分詞 
 -----en   *****te   ge*****t 
 bringen  持って来る  brachte   gebracht 
 denken  考える  dachte  gedacht
 nennen  ・・と名付ける  nannte  genannt



え~と、これは、過去基本形は、te で終わっていて、過去分詞もge と t で挟まれているというように、枠組みは弱変化、規則動詞と一緒なんだけど、母音が変わってしまっているものなんですよね。

でも、これは簡単。ドイツ語の bringen は、もちろん、英語の bring と対応しているのだけど・・ bring の過去・過去分詞、なんて言ったか覚えている?



(・・ brought ?)



そうそう(^O^) bring - brought- brought ですよね。ドイツ語の denken は、考えると言う意味で、英語の think に当たるわけですが、think - thought - thought ですよね。要するに、このパターンの変化なわけです。

ま、もちろん、単純に不規則変化として覚えてくれていいんですが。



それでは、重要な動詞の三基本形を挙げておきます。これらは、無条件で覚えてもらっていいやつですね・・。



重要な動詞
 不定形 過去基本形  過去分詞 
 sein  ある、いる  war   gewesen 
 haben  持っている  hatte  gehabt
 werden  ・・になる  wurde  geworden



じゃ、ここまでいいですか?これが、まず基本的な三基本形の作り方になります・・。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:135 平均点:6.22
前
第19週 分離動詞と非分離動詞
カテゴリートップ
後期の授業
次
第21週 動詞の三基本形(2)

Web German Class Copyright © 2005-2008