Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  後期の授業  >  第24週 再帰動詞
それでは今回は、再帰動詞について説明しましょう。

再帰動詞・・再び帰ってくる、なんて、なじみのない言葉だと思いますが、ええとですね、ドイツ語には、「座る」という動詞はないんですよね。



(・・・・・?)



「座っている」ならあります。



 Er sitzt auf der Bank. 



「彼はベンチに座っている」というわけですね。

あるいは、「座らせる」もあります。



 Er setzt das Kind auf die Bank. 



「彼はその子供をベンチに座らせる」となります。



しかし、ドイツ人だって、こう、とことこ歩いてきて、椅子やベンチに座ることがあるわけです で、そういう時に、自らを指す再帰代名詞を使って、



 Er setzt sich auf die Bank. 



え~、直訳すると、「彼は自分自身をベンチの上に座らせる」なんてなるかも知れませんが、まあ、「彼はベンチに座る」と訳しちゃっていいです。

このように、再帰代名詞と一緒に使われて意味を持つ動詞を、再帰動詞というわけですが、まず、再帰代名詞の一覧を挙げておきますね。



単数複数
1人称2人称3人称1人称2人称3人称敬称2人称
1格ichduersieeswirihrsieSie
3格mirdirsichunseuchsichsich
4格michdichsichunseuchsichsich



再帰代名詞には、3格と4格があります。

ぱっと見てわかると思いますが、再帰代名詞は、人称代名詞の3格・4格と似ています。ただ、違うのは、3人称の単数および複数です。ここだけ、sich で統一されてますよね。単数での男性・女性・中性の区別もありません。1人称と2人称は人称代名詞そのままなのに。

じゃ、何故、3人称だけが違っているのか、ということなんですが・・ちょっと、この2つを比べてみましょう。



 Hans setzt sich auf die Bank. 
 Hans setzt ihn auf die Bank. 



上の例では、「ハンスはベンチに座る」という、再帰動詞の例ですが、下の例では、「ハンスは彼をベンチに座らせる」という意味になります。この「彼」は、ペーターだか、オットーだか、ちがうハンスかも知れませんが、ともかく、ここの主語のハンスとは別人になります。



(子供や病人を手助けして座らせてあげる、なんてシーンを思い浮かべると、分かりやすいかも知れません



再帰代名詞は、必ず主語と同一人物なのですね。ま、ich 「私」っていったら、「私」一人しかいないし、du 「あなた」でもそうですよね。複数の場合はありますが、それでも限られてます。

ところが、3人称は、1人称・2人称以外のすべてを指すわけですから、対象がとても広くなってます。それで、普通の人称代名詞と、再帰代名詞が違っている、と考えたらいかがでしょう?



(敬称の Sie のところは sich になります・・これは、大文字では書かないのですよね



それでは、いくつかの例を見てみましょう。



sich(4) waschen  体を洗う
sich(4) duschen  シャワーを浴びる
sich(4) interessieren  興味がある
sich(3) ansehen  熱心に見る



まあ、いくつもあるわけですが、前置詞によって意味が変わるものもあります。



sich(4) auf et(4) freuen  ・・を楽しみにする
sich(4) über(4) freuen  ・・を喜ぶ



こういうのなんか、覚えておくと便利ですね



また、主語が複数の時に再帰代名詞を使うと、「お互いに」という意味になる時もあります。



 Sie lieben sich. 



「彼らは愛しあっている」というわけですね。

それじゃ、ここのところは、これでいいですか・・。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:163 平均点:6.32
前
第23週 比較
カテゴリートップ
後期の授業
次
第25週 受動態

Web German Class Copyright © 2005-2008