Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  後期の授業  >  第25週 受動態

え~、では今日は、受動態です。受動態。受け身。

「・・は・・によって・・される」ってな奴ですね。



え~と、英語では、受動態は、 be動詞プラス過去分詞でしたよね?



(・・・・・・)



(あ、あの・・・



それに対して、ドイツ語では、werden と過去分詞で作ります。



 werden + ------------------ + 過去分詞 

 (定形)



言うまでもなく、werden は定形、つまり人称変化した形になり、過去分詞は文末に置かれることとなります。



それでは、実際にやってみましょう。



 Die Polizei verhaftete den Dieb. 

→ Der Dieb wurde von der Polizei verhaftet. 



え~、「泥棒は警察に捕まった」というわけですが、受動態の文を作るには、まず、元の文、っていうか対応する能動態の文章の目的語、4格のものを受動態文の主語にします。( den Dieb → Der Dieb )



そして、動詞を、werden プラス過去分詞にします・・ werden の人称変化は、わかってますよね?



(・・・・・



過去形にする時は、werden を過去形にすればいいです。この例は、wurde 、過去になってますよね。



それから、元の主語を、von 3格の形にします。von は、3格支配でしたね?( Die Polizei → von der Polizei )

場合によっては、von 以下は、省略してもかまいません。



今、元の主語を von で、と言ったけど、原因となったものなどは、durch 4格で表わします。



 Das Erdbeben zerstörte die Stadt völlig. 

→ Die Stadt wurde durch das Erdbeben völlig zerstört. 



「その町は地震で完全に破壊された」というわけですね。



え~、なんで受け身、受動態という言い方があるのかといいますと・・そんなこと、考えたことある?



(・・・・・



例えば、「Aさんが車にはねられた」という言い方と、「車がAさんをはねた」というのとでは、大分、感じが違うでしょ?普通、友達だったりしたら、「Aさんが車にはねられた」っていうよね?「車がAさんをはねた」なんて・・ちょっとヘンでしょ?



(・・・・・



ま、だからなんていうか、実際に起こっている現象は同じでも、話す人の関心のありようによって、いろんな言い方が選べるんですよね。この場合、Aさんのことを気にかけているんだったら、Aさんを主語にして言うのが普通なんじゃないでしょうか。

受動態という言い方があることによって、まあ、その選択肢が増える、とでも思っておけばいいんじゃないでしょうか・・。



ところで、受動態の助動詞に使う werden ですが、sein 支配ですので、完了形には sein を使うわけなんですが、過去分詞は、worden となります。ge が付かないんですね。



 Der Dieb ist von der Polizei verhaftet worden. 



なお、ドイツ語で、受動態の主語になるのは、元の文の4格のみです。英語なんかでは、3格もOKなんですけどね。つまり、 Maria schenkt ihrem Vater eine Krawatte. 「マリアは父にネクタイを贈った」なんて時に、受動態にして主語にできるのは、Krawatte 、ネクタイだけです。



(英語では、 John gave Mary a book. → Mary was given a book. / A book was given (to) Mary. と、(ドイツ語風の3格に当たる)Mary も、(4格に当たる)a book も、主語になるんでしたよね)



また、自動詞を受動態にすることもできます。



 Man hilft ihm nicht. 

→ Es wird ihm nicht geholfen. 



「彼は助からない」なんて言う時ですね。

不特定の人々を指す man は、受動文ではなくなり、形式上の主語の Es を使います。この Es を省いて、他の言葉を文頭に持って来ることができます。




 Es wird ihm nicht geholfen. 

→ Ihm wird nicht geholfen.



それから、状態受動と呼ばれるものがあります。

状態受動というのは、sein と他動詞の過去分詞で作られ、「・・されている」といった受動の結果を表わします。



動作受動 Die Tür wird um sieben Uhr geöffnet. ドアは7時に開けられる。
状態受動 Die Tür ist geöffnet. ドアは開いている。



つまり、ドアが6時に「開けられ」て、その結果、ドアは、「開いている」わけですね(笑)



状態受動は、sein と過去分詞で作るので、sein 支配の完了形と紛らわしいかも知れませんが、状態受動になるのは他動詞だけですので、そこで区別がつくかと思います。



(それと、例によく出て来るのは「開ける」「閉じる」系の言葉が多いです(笑))



以上で、受動態のところは、よろしいですか・・。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:140 平均点:5.43
前
第24週 再帰動詞
カテゴリートップ
後期の授業
次
第26週 zu 不定詞と非人称の es

Web German Class Copyright © 2005-2008