Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  補講  >  第1回 基数と年号
それでは今回は、数字、基数についてやっていきましょう。

基数、というのは、普通の、いち、とか、に、とか、さん、とかの数字のことです。

ではまず、1から100まで、見ていきましょう。


1 eins 11 elf 21 einundzwanzig
2 zwei 12 zölf 22 zweiundzwanzig
3 drei 13 dreizehn 30 dreißig
4 vier 14 vierzehn 40 vierzig
5 fünf 15 fünfzehn 50 fünfzig
6 sechs 16 sechzehn 60 sechzig
7 sieben 17 siebzehn 70 siebzig
8 acht 18 achtzehn 80 achtzig
9 neun 19 neunzehn 90 neunzig
10 zehn 20 zwanzig 100 hundert



これは、発音の練習になりますね

1から順に、あいんす、つゔぁい、どらい、ふぃーあ、
、ふゅんふ、ぜっくす、ずぃーべん、あはと、のいん、つぇーん、10まで来ましたね。

さあ、それでは、皆さんも一緒に言って見ましょう・・あいんす、つゔぁい、どらい・・。



(あいんす、つゔぁい、どらい・・)



11、12も、専用の言い方があるので覚えてしまって下さい・・英語の時もそうでしたよね? eleven twelve というわけで、えるふ、つゔぇるふ、です。



(えるふ、つゔぇるふ・・)



はい、これで、時計の短い針が読めますね



13から19までは、英語の時みたいに、一の位の数字を先に出して、それから zehn 、「10」という語が来ます。

16は sechzehn ぜひつぇーん、で、6の sechs の s が落ちていることに気を付けて下さい。それから、17も、siebzehn ずぃーぷつぇーん、で、sieben ではありません。ついでに、ずぃー、と、無声音化するんですよね、次に母音がありませんから。

18 achtzehn は、スペルは8の acht に zehn をつけただけですが、読む時は、あはつぇーん、となって、あはとつぇーんではないことに注意して下さいね。



20以降ですが、まず、20は zwanzig となります。つゔぁんつぃひ。で、30、40、50・・と、十の位の数字に -zig をつけた形になりますが、30だけは、何故か、dreißig と、-ßig がついてます。

60の sechzig 、70の siebzig のスペルについても、sechzehn siebzehn のところと同様になります。また、achtzig も、同じく、あはつぃひ、です。



さて、それでは21、22などの数字ですが、これは、一の位から先に読みます。

すなわち、21でしたら、einundzwanzig 、あいんうんとつゔぁんつぃひ、22だったら、zweiundzwanzig 、つゔぁいうんとつゔぁんつぃひ、と言うように、一の位の数字・und・十の位、の順に読みます。



(X1の場合は、einundXzig 、eins- ではなく、ein- です)



34でも、87でも、同じように一の位から始まります。さあ、これらの数字をドイツ語で言って見ましょう



(vierunddreissig ふぃーあうんとどらいすぃひ、siebenundachtzig ずぃーべんうんとあはつぃひ、ですね)



自分の年齢なんかを、言えるようにするのもいいですね



100以降は、101だったら、[ein]hunderteins 、125は、[ein]hundertfünfundzwanzig 、346だったら、dreihundertsechsundvierzig のようになります。



その他の数字も挙げておきます。



 0 null
 1 000 tausend
 10 000 zehntausend
 100 000 hunderttausend
 1 000 000 eine Million



Million 、百万は、女性名詞なんですよね。



さて、今度は、年号の言い方です。

例えば、1972 とか言う数字を、せんきゅうひゃくななじゅうに、と普通の数字として読むのでしたら、[ein]tausendneunhundertzweiundsiebzig となるわけですが・・区切りが分かりにくいですね、[ein]tausendneunhundertzweiundsiebzigですが、これが、1972年という年号でしたら、19と72に分けて、neunzehnhundertzweiundsiebzig となります。neunzehnhundertzweiundsiebzig ですね。



これは、生まれた年なんかを覚えておくといいですね



で、以前でしたら、1900年代の、neunzehnhundert を覚えておけば、これで安心というところもあったのですが、21世紀を迎えますと、西暦2000年は、zweitausend で、2001年は、zweitausendeins です。念のため、付け加えておきます。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:122 平均点:5.82
カテゴリートップ
補講
次
第2回 序数と日付

Web German Class Copyright © 2005-2008