Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  補講  >  第3回 時計と時刻

それでは今回は、時計の読み方、時刻の表現にいってみましょう。
何時何分というのの、ドイツ語風の言い方ですね。



え~、ドイツ語では、何時と言う時の「時」というのは、Uhr を使います。腕時計とかの Uhr です。出て来ましたよね、Uhr って?英語の、o'clock を Uhr と言うわけですね。

ですから、例えば、3時でしたら、drei Uhr 、7時だったら、sieben Uhr となります。なお、1時は、ein Uhr で、eins Uhr とかにはなりません。

(ちなみに、eine Uhr だったら、時計が一個になります



で、何時何分という言い方ですが、例えば、1時17分とかだったら、ein Uhr siebzehen というように、「分」の部分を Uhr の後に付けます。



 Wie spät ist es? / Wieviel Uhr ist es? 何時ですか?


    Es ist sieben Uhr zehen. 7時10分です。 



これで、24時間制であらゆる時刻を言うことができますが、その他にもっと日常的な言い方もあります。



 6時  sechs [Uhr] 
 6 時 5分  fünf nach sechs 
 6 時 15分  [ein] Viertel nach sechs 
 6 時 25分  fünf vor halb sieben 
 6 時 30分  halb sieben 
 6 時 35分  fünf nach halb sieben 
 6 時 45分  [ein] Viertel vor sieben 
 6 時 50分  zehn vor sieben 
 7 時  sieben [Uhr] 



何分過ぎ、の「過ぎ」というのが、ドイツ語では nach を使います。前置詞のところで出て来た nach ですね。同じく、何分前、の「前」は vor です。


それで、6時5分(過ぎ)、といいたければ、fünf nach sechs 、6時5分前(5時55分)だったら、fünf vor sechs となります。



それから、何時30分、つまり何時半、という言い方ですが、ドイツ語では、6時半(30分)だったら、halb sieben と、ここで、6の sechs ではなくて、sieben 、7になっていることに気を付けて下さい。時間が、一つ先になってます。



それで、6時25分という時に、fünf vor halb sieben 、6時半の5分前、と言ったりすることもできます。6時35分だったら、6時半5分過ぎというわけで、fünf nach halb sieben なんて言い方もあります。



(ここまで来ると、計算能力が必要かも知れませんね



それから、何時に学校が始まるとか、「何時に」という時は、前置詞の um が使われます。



 Die Schule beginnt um 9 Uhr.  学校は9時に始まります。 



um は正確な時刻を表わす時に使いますが、およそ何時、何時頃、の「頃」は、gegen を使います。



 Hans kommt gegen 9 Uhr.  ハンスは9時頃に来ます。 



以上で、時計の読み方については、大体いいですか・・。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:112 平均点:5.09
前
第2回 序数と日付
カテゴリートップ
補講
次
第4回 名詞の性(1)

Web German Class Copyright © 2005-2008