Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  補講  >  第7回 3格の用法

(学生の会話・・)



(ねー、この3格とか4格とか、って何?どう違うの?)


(だからさー、英語のIO(間接目的語)とかDO(直接目的語)みたいなやつじゃないの?)


(ふ~ん・・)



(う~む、なるほど高校英語の5文型のやつですね)






3格の使い方で、よく見かけるのはやはり、「~に~をあげる」云々の、「~に」でしょう。



Anna schenkt ihrem Vater eine Krawatte.  アンナは彼女の父親にネクタイをプレゼントする。 



(これが、英語で習った間接目的語としての使い方ですね。「あげる」「贈る」系の動詞と一緒に使います)



受動態のところでも言いましたけど、ドイツ語では、受動態の主語になるのは、元の文の4格のみです。



(英語では、 John gave Mary a book. → Mary was given a book. / A book was given (to) Mary. と、Mary (3格(与格))も、a book (4格(対格))も、主語になるんですが)



よく、ドイツ語の1格・2格・3格・4格は、日本語の「が・の・に・を」にあてはまる、と説明されますが、あくまでもこれは原則で、3格なら必ず「~に」と訳さなければならないということはありません



例えば、3格の目的語を取る動詞、helfen の例を見てみましょう。



Hans hilft seiner Mutter.  ハンスは彼のお母さんを手伝う。 



この場合、「お母さんに手伝う(助ける)」というのも、妙な日本語ですよね



3格の目的語を取る動詞といえば、gefallen 「気に入る」とか、gehören 「属する」などが有名ですね。



Dieses Dorf gefällt mir.  私はこの村が気に入った。 
Die Tasche gehört ihr.  このバッグは彼女のものだ。 



このような言い方が使えると便利ですね



さて、今まで挙げた例は、はっきり言って、これまでやったことの復習みたいなものでしたけど、今度は、別の例を見てみましょう。



ドイツ語で、「私は私の髪の毛を洗う」と言うときですが、



Ich wasche mir die Haare.



となります。meine Haare としたくなるんですけどね

このような3格は、所有の3格と言ったりもするんですが、定冠詞つきの名詞句が、前にある3格の人に属するものなんですね。主に、体の一部なんかの場合が多いです。



Er sieht dem Kind in die Augen.  彼はその子供の目を覗き込む。 



こういう例もあります



この、所有の3格の3格は、なくてもよい、つまりこの3格がなかったとしても、文法的におかしな文にはならないので、自由な3格と呼ばれるのですが、それにはもう少し、バリエーションがあります。せっかくですから、紹介しておきましょう



利害の3格と呼ばれる例も、よく見られます。



Der Pförtner öffnet der Frau die Tür.  門番は、その女性のためにドアを開ける。 
Der Schlüssel ist dem Kind ins Wasser gefallen.  鍵は、その子供にとっては残念なことに、水の中に落ちてしまった。 



それから、関心の3格とか、判断の3格と呼ばれるものもあります。



関心の3格Fall mir nicht! 転ばないで!(私にとっては重要なことなのだけど)
判断の3格Er arbeitet mir zu langsam.私の考えでは、彼はあまりにもゆっくり仕事をする。



このような細かい点が分かるようになると、読解にとても便利ですよね

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:172 平均点:4.94
前
第6回 地名・国名
カテゴリートップ
補講
次
第8回 話法の助動詞の意味

Web German Class Copyright © 2005-2008