Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  補講  >  第8回 話法の助動詞の意味

今回は、話法の助動詞について、ちょっと細かく見てみます。

以前に、話法の助動詞について通りいっぺん触れたのですけど、あの、英語の can とかでも、「~することができる」という他に、「~なはずである」という意味もありましたよね? must の「~に違いない」とか。



(・・・・・・)



ドイツ語の話法の助動詞でも、このような解釈の仕方がありまして、それについてやっていこう、というわけです



まず、können から見てみましょう。
これは、Er kann Deutsch sprechen. という可能を表わす他に、やはり英語と同じように、「~なはずである」という意味があります。

Mann kann das nie wissen.  そんなことが分かるはずがない。 



その他に、「~かも知れない」と推定を表わしたり、また、許可の意味になったりすることもあります。



Das kann sein.  そうかも知れない。 
Kann ich hier sitzen?  ここに座ってもいいですか? 



(dürfen を使って許可を求めるよりも、やや気楽な感じになるようです)



(え~と~、教科書とかにはあまり解説はないんですが、しかしその教科書付属の練習問題とかには、けっこう、この手の用法が出題されているように思えるのは、気のせいなのだろうか



それから、müssen です。

これもやはり、「~しなければならない」という他に、「~に違いない」という意味になります。



Er muss krank sein.  彼は病気に違いない。 



それから今度は sollen です。

sollen は、「~すべきである」という意味に加え、「~という噂である」という意味にもなります。



Er soll sehr reich sein.  彼は金持ちだと言われている。 



多少、疑わしいわけですね



その他、第三者の意志、つまり命令や依頼を表わすこともあります。



Der Kranke soll noch nicht aufstehen.  患者はまだ床を離れてはいけないと(医者に)指示されている。 
Er sagte zu ihr, sie solle sofort nach Hause gehen.  彼は彼女にすぐ家に帰るように言った。 



(2番目の例は、間接話法の言い方と関わってきます → Er sagte zu ihr: "Geh sofort nach Hause!")



そして、wollen です。

この wollen は、「~するつもりである」の他に、「~と主張している」という意味になることがあります。



Er will Schauspieler sein.  彼は俳優だと言い張っている。 



かなりあやしい訳です



あとは、以前にも触れたのですけど、「許可」を表わすdürfen は、否定の言葉と一緒に使われたら、「禁止」の意味になります。それから、「推量」を表わす mögen も、「好み」を表わすこともあります。

Hier darf man nicht parken.  ここに駐車してはならない。 
Ich mag nicht nach Hause gehen.  私は家に帰りたくない。 



mögen の場合も、否定の意味で使われます。肯定的に使う場合は、möchte になります。



(mögen が本動詞として使われて「~が好きだ」となる場合も、前に挙げましたよね



話法の助動詞の使い方については、これにさらに接続法も絡んでくるときもあって、なかなか難しいのですが

とりあえず、今言ったように使われることもある、ということを頭の片隅にでも留めておいてください

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:142 平均点:5.77
前
第7回 3格の用法
カテゴリートップ
補講
次
第9回 指示代名詞

Web German Class Copyright © 2005-2008