Welcome Guest   
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

メニュー
メニュー
カウンター

     今日: 
     昨日: 
トップ  >  前期の授業  >  第7週 名詞の性と格変化

今日は、ドイツ語の名詞について、です。名詞、というのは、机とか椅子とか車とか自転車とか、ものの名前ですね、簡単に言えば。

ドイツ語では、名詞は、単語の頭を大文字で書きます。人の名前とかの固有名詞じゃなくても、最初は大文字です。慣れると、見やすいですよ。



そして、ドイツ語の名詞で大事なのは、名詞にはがある、ということです。つまり、名詞には3種類あって、それぞれ、男性名詞・女性名詞・中性名詞と言います。




男性(m.)女性(f.)中性(n.)
定冠詞 der Mann 男性、夫 die Frau 女性、妻 das Kind 子供
不定冠詞 ein eine ein



定冠詞を付けると、「男の人」は der Mann、「女の人」は die Frau、「子供」は das Kind と言います。



(ダスキン?(笑))



(これこれ・・(^^;))



今、「男の人・夫」が男性、「女の人・妻」が女性、「子供」が中性、と言ったから、何となく納得しているかも知れませんが、このように、自然の性と一致する例ばかりとは限らず、例えば、机 Tisch は男性、鞄 Tasche は女性、本 Buch は中性です(笑)



(・・・・・・?)



で、こないだやった、人称代名詞の er、sie、es は、それぞれ、男性名詞のものは er で、女性名詞は sie、中性名詞は es で受けることが出来ます。つまり、Mann 男の人とかだけでなく、机 Tisch なんかも、er で受けることが出来るんですね。



今度は、名詞のということについて、説明します。

格というのは、その名詞が文の中で、どのように使われているか、という働きです。例えば、「お父さんが本を読んでいる」と言うときの「お父さんが」というのは、文の主語になりますよね。それから、「お父さんの車」とか、「お父さんに花束をプレゼントする」あるいは、「お父さんを駅まで迎えに行く」という目的語など、同じ「お父さん」でも、文の中での働きは、さまざまです。



で、ドイツ語では、名詞が「~が(~は)」という働きをするときを、1格といいます。「~の」という、英語で言う of みたいな意味になるのが2格、「~に」というのが3格、「~を」というのが4格といいます。

それぞれ、冠詞、あるいは名詞の形が変わります。まず、定冠詞の場合です。



  m.  f.  n.
1格 der Mann die Frau das Kind
2格 des Manns der Frau des Kindes
3格 dem Mann der Frau dem Kind
4格 den Mann die Frau das Kind



男性と中性の2格では、名詞に -s あるいは -es という語尾がつきます。これは、名詞の性などと一緒に、辞書に書いてあります。

この定冠詞の格変化は、覚えて下さいね。であ・です・でむ・でん、でぃ・であ・であ・でぃ、だす・です・でむ・だす、呪文かなんかだと思って(^^;)



それから、不定冠詞の場合です。



  m.  f.  n.
1格 ein Mann eine Frau ein Kind
2格 eines Manns einer Frau eines Kindes
3格 einem Mann einer Frau einem Kind
4格 einen Mann eine Frau ein Kind



これも覚えてしまって下さいね。定冠詞のであ・です・でむ・でん、がわかっていたら、大体見当が付くでしょ?

これは、人称変化とともに、一学期でやるとても大切なことですから、試験には絶対に出ます・・。



(ひえ…)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:201 平均点:7.16
前
第6週 動詞の現在人称変化(2)
カテゴリートップ
前期の授業
次
第8週 名詞の複数

Web German Class Copyright © 2005-2008